スポンサーリンク
スポンサーリンク

おひさま色の愛しいひと/杉原朱紀・六芦かえで

4.5
おひさま色の愛しいひと/杉原朱紀・六芦かえで

らすじ】
物心ついた頃には大店の下働きだった椛。これから起こる凶事を黒い靄として視て、しかしそれをうまく人に伝える術を持たぬせいでいつしかいないもののように扱われていた。そんなあるとき華族の九条千景様が痩せっぽちな椛を引き取りたいと仰る。差し出された手の温かさに戸惑いつつ、千景様のお役に立てる日を胸に椛は美しく健やかに育ち……?

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/218250/

出版社:幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル:幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日:2020年07月20日
紙の本の発売:2020年07月17日
購入:コミックシーモア


各電子書籍試し読み↴


『私と、家族になってくれないかな』
身寄りもなく、非道な扱いを受けて生きてきた椛くんを救ってくれた、2度の運命。
あったかいお日様と、広い空の色。
庇護から始まった千景様の愛が温かくて、椛くんの境遇が苦しくて、、終始号泣しながら読んでいました。

身勝手な事情で引き取り、また身勝手な事情で疎外する。ひとりで生きていくこともできない、守られるべき存在への外道すぎる扱いには憤りが溢れてくる。
『辛い』という感情にすら気付かず、日々を懸命に生きてきた椛くんのお守りが繋いでくれた出会い、、もしも千景様と出会えていなかったら椛くんはどうなってしまっていたのか、想像するだけで怖いけど。
温かいお粥を食べて、やっと流せた涙。
気味悪がられるだけだった自分の発言を、迷うことなく信じてくれる存在。
千景様の周りにいる、優しい人たちに見守られながら「人間」らしく「子供」らしい生活を送れるようになり、笑顔を取り戻した椛くんが、いじらしくて愛おしくてたまりません。

『最初に会った時から、ずっと……、僕の一番は、千景様です』
今まで知らなかった、誰かを恋しく思う感情。
他の誰とも違う、「特別」な「好き」。
恩人として慕っていたはずの千景様への本当の想いに気付き、自分の心境の変化やカラダの変化に戸惑う姿が本当に可愛すぎて。
『……あの時からずっと、私の世界は椛のためにあったんだ』
『恋しい、じゃ足りない。椛の全てが欲しい。心も、身体も、全て』

初めて出会った時、あの幼い椛くんに芽生えた感情が、当たり前のように大きくて深い愛情に。
疑いようもない溺愛を椛くんに向けてきた千景様の想いもまた苦しいくらいに切実で。
救い救われ、掛け替えのない存在に出会い、心を通わせたふたりの想いが幸せで胸が苦しくなる。

正直椛くんを虐げてきた奴らへの報復がなかったことが物足りなくもありましたが、自業自得ざまぁだったのでとりあえず。
純真無垢で健気な子って何でこんなに可愛いんだろうか、、
無垢な子の性の目覚め実地教育お約束ももちろん♡

初読み作家さんでした❀シンデレラストーリーを続けて読みましたが、人間の醜さと温かさ、決して他人を憎むことのない受けちゃんの健気さはどれだけ読んでも涙が止まりませんね、、
杉原先生の作品、もう1冊積んでるのがあるからそれも読まないと♬

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

コメント

📚電子書籍ストア📚



品揃え豊富✩先行配信多数


修正甘め♡先行配信多数


BLジャンルポイント50倍✩


毎日クーポンガチャ✩最大50%オフ


クーポン配布頻度高✩


楽天ポイントが貯まる・使える✩


KADOKAWA運営✩


Yahoo!JAPAN提携✩
タイトルとURLをコピーしました