〚記事内に広告が含まれています〛

ライカン 1・2/山本ティナ

BL漫画感想
4.0

らすじ】

天涯孤独な青年ソラは、獣人が統治する国の片隅でひっそりと生きていた。ある日、ソラが働く娼館に獣人が客としてやってくる。初めて見る憧れの獣人に舞い上がるソラだったが、その獣人・ナヴラスは「汚らわしい」とソラを侮蔑する。カッとなり金も受け取らず部屋を飛び出したソラは店主に折檻されてしまうが、それを見たナヴラスは「気が変わった」と獣の姿で荒々しくソラを抱き…そして一カ月後、再びソラの前にナヴラスが現れて…?

https://www.cmoa.jp/title/168557/

出版社:海王社
掲載誌・レーベル:GUSH COMICS
電子版発売日:2019年03月11日
紙の本の発売:2019年03月09日
※1作目
購入:ひかいTVブック・紙


電子限定かきおろし漫画付き✿
無料試し読みはこちら↴


生きる為に、不当な扱いにも我慢をして。
必死に頑張ってきたソラの前に現れた憧れの獣人ライカン

『あの人間が誰にも叩かれなければいいと思っただけだ』
気まぐれのような「哀れみ」から

『誰よりもお前を大事に想っている』
かけがえのない「愛情」へ。

⋆人間嫌いな獣人伯爵x不遇な元男娼人間⋆
“過去”があったからこそ巡り合えた、最愛の伴侶


大好きな獣人攻め
何となく感想を残せずにいたので、3作目が出たタイミングで読み返し&感想まとめ。…って思ったんですが、ちょっと長くなりそうなのでまずは1・2作目から。

昼は針子、夜は娼館。
身内がいないことで、男であることで、“摂取”されるばかりだったソラを連れ出してくれたナヴラスの愛し方がとっても甘い♡

囲って守るだけでなく、ソラがちゃんと自分で自分の居場所を作れるようにしてくれる配慮やソラのやりたいことを後押しし、ソラの身分や過去も本当に“関係ない”と思っていることが伝わる言動の数々が本当に好きでした。

お家騒動や小物感満載の商人の企みなんかもあったけど、いつだってソラを救ってくれるナヴラスの強さ、誠実で芯が強いソラの人柄で結果オーライ✩

「上客」と「男娼」から
「ご主人様」と「使用人」
そして「伴侶」になるまで。

2人のイチャラブたっぷり、幸せいっぱいのラストに大満足です♡

とめ
・人型・獣型えちがWで美味しい
・発情期は獣人の醍醐味
・ちびケモきゃわ

tnk修正:白短冊(電子・紙)

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

ンキング参加しています♬꙳♩*。
「読んだよ!」感覚でどちらかをポチッと応援して頂けると嬉しいです┏○))
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
なあをフォローする

コメント