スポンサーリンク

花咲く僕らの恋わずらい/楠いろ

3.7

らすじ】

中学時代、転校しなければいけなくなったと親友の智翠にだけ伝えた桜太。けれど、智翠から返ってきたのは「しょうがない」という素っ気ない言葉だった。寂しいと言ってくれると思っていただけにショックを受けた桜太は別れも言わずに転校してしまう。そのまま月日は流れ大学生になり、一人で大学ライフを楽しもうと意気込んでいた。そんなある日、会いたくなかった智翠と再会する。気まずさもあり距離を取ろうとするのに、なぜかことあるごとに話しかけてきて――! ?

https://www.cmoa.jp/title/233223/

出版社:笠倉出版社
掲載誌・レーベル:equal
電子版発売日:2021年12月10日
紙の本の発売:2021年11月25日
購入:コミックシーモア


電子限定描き下ろし漫画付き✿
無料試し読みはこちら↴


大好きだった親友。
だけど、「その程度」だったと突き放された過去。

ずっとずっと心に残っていた、あの言葉

『「好き」って 冗談なんかじゃないよ』

思いがけぬ再会と突然の告白。
あの言葉に秘められていた、切実な想い

⋆明け透け恋心x無自覚初心⋆、再会してやり直す、あの時の淡い恋心


楠いろ先生デビューコミックス✩
equalで単話読んでて、1冊にまとまるのを楽しみにしておりました♩

ちょっとした言葉ひとつ。
それだけで、仲違いしてしまった過去が寂しくて。

たったそれだけのこと、だけど、
何年も忘れられないほどの傷を負うほどに
大好きだったんだなって思うと愛おしさを感じる。

そして、その「誤解」を生んだ理由がまた、そんな理由なんだけど。

その当時はそれが何よりも大切なことだったんだなって思えるから。桜太くんが傷付いた過去は消えないけど、、その幼さすらもまた愛おしいです♡

一目見て気付くほどに、忘れられなかった存在との再会。
幼かった想いが成熟していく過程が、たまらなく可愛かった…!!!!!

近い将来同棲(または半同棲)しそうな2人に萌える。
爽やかで人畜無害そうに見えるけど、隠れ囲い込み系な智翠くん好っき♡

とめ
・罪悪感を感じさせるほどのいい子さって強い
・カッコ悪い姿だって、
・DT(多分)の暴発かわええな

tnk修正:白抜き

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

コメント

📚電子書籍ストア📚



品揃え豊富✩先行配信多数


修正甘め♡先行配信多数


BLジャンルクーポン利用でPt30倍✩(毎週金・土・日曜日)


毎日クーポンガチャ✩最大50%オフ


クーポン配布頻度高✩


楽天ポイントが貯まる・使える✩


KADOKAWA運営✩


Yahoo!JAPAN提携✩

タイトルとURLをコピーしました