狐の弱みは俺でした -眷愛隷属- 7/夜光花・笠井あゆみ

BL小説感想作家名:(や行)
5.0

らすじ】

魔を祓う力を持つ討魔師となった慶次は、恋人兼相棒の有生とバディを解消し、別々の相手と組んで仕事をする日々。だが2人の交際は順調で、人目を憚らずキスされたりとラブラブだけど、未だに慶次の家族の反対で同棲できない。ある日、慶次が憧れる有生の兄・耀司に子狼を預かってほしいと頼まれる。見習い眷属の子狼を全力子育てすることを約束した慶次。そして子育て中に慶次が新しい隣人と仲良くしていることが面白くない有生。そんな時、有生の能力が欲しい敵の一族の魔の手が…!?

https://www.cmoa.jp/title/1101187697/vol/7/

出版社:リブレ
掲載誌・レーベル:ビーボーイノベルズ
電子版発売日:2022年12月08日
紙の本の発売:2022年10月19日
購入:コミックシーモア


電子イラスト入り✿
無料試し読みはこちら↴

アニメイト【アニメイトフェア特典付】
※特典には限りがあります。


討魔師としてまだ下っ端で。
好きな人への悪評に胸を痛めながらも、弁解することもできない。

足を引っ張りたくなくて
“弱み”になんてなりたくなくて。

大切な人のために強くなりたいと、決意を新たに。

『慶ちゃんは俺の弱みじゃなくて強み。慶ちゃんがいるから、俺はまともでいられんの』

⋆サイコ溺愛x熱血無鉄砲⋆
いつも駆けつけ守ってくれる最愛を守るという、自分の存在意義。


シリーズ7冊目っ✩電子配信楽しみにしておりました~♡♡

選抜討魔師による「花見の宴」。
有生くんが大将になったことにより参加を余儀なくされた慶次くんのはしゃぎっぷりが可愛いし、白狼様への憧れを隠そうともしない様に拗ねて尻尾をばんばんする子狸も可愛い。
しかも結局、白狼様に跨って駆け回るのを慶次くんと一緒に楽しんじゃうのがたまらなく愛らしいです♡

そんな子狸にニヤニヤしたり、耀司さんに託された子狼とのやり取りにほっこりしたり。
「人間の皮を被った魔物」と言われるほどの有生くんの慶ちゃんオンリー主義にキュンとしたり。

比較的平和に、2人のイチャイチャと眷属たちの可愛さを堪能していたところで…再びやってまいりました井伊家の闇

穢れ攻撃を受けたことで心が弱ってしまった慶次くんの甘えっぷりがすっごく可愛くて、そこで見せてくれる有生くんの優しさがズルい。
普段どれだけ辛辣なことを言っていても、慶次くんに激よわで激あまなチョロさがほんと大好き♡言い合いして不機嫌になっても心配して来てくれるって愛だよな~/////♡♡

次巻は慶次くんの成長回になるのかな。物騒な空気が流れているけど、相変わらず有生くんが最強すぎて不安はナシ♡絶対的な安心感を持てる溺愛彼氏って素晴らしいわ。
8巻も楽しみです♩

とめ
・知らぬ間のGPS
・レッツお腹イキ
・子狸の全部が可愛い

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
なあをフォローする
BL感想✿

コメント

タイトルとURLをコピーしました