スポンサーリンク

パパだって、したい 5/世尾せりな

4.2

らすじ】

幸せになる資格がないんだって思ってた…年末を迎え、阿澄と成瀬はそれぞれ帰省する。両親に対して心を押し殺してきた成瀬だったが、改めて両親と向き合うことに…。一方、阿澄もまた家族と話すうちに成瀬との関係を打ち明けたいと思い始める。そして、冬旅行では甘いひとときも…!?描き下ろしはこたつであったかH! 

※この作品は過去、電子書籍「パパだって、したい25~30巻」に掲載されました。重複購入にご注意下さい。

https://www.cmoa.jp/title/155661/vol/5/

出版社:スクリーモ
掲載誌・レーベル:BLスクリーモ
電子版発売日:2022年05月18日
紙の本の発売:2022年05月18日


単行本版特典ペーパー付き✿
無料試し読みはこちら↴

アニメイト【小冊子付特装版・アニメイト特典付】
※特典には限りがあります。


息苦しい実家、寂しかった子供時代。

自分の思っていた“当たり前”はただの独りよがりで
今の自分は、親が認める“普通”にはなれない。

それでも、“今”がすきだから。

3人で幸せを見つけにいきたい

⋆スパダリ年下家政夫x儚げシングルパパ⋆
自分で選んでいく、大切な人たちとの未来。


パパした5巻!!
と、祝✨5周年🎉🎊です♡

今回、お正月の実家帰りで明かされた、成瀬さんの過去と両親との関係。

押し付けられる価値観が苦しくて、
言えなかった本音が悲しくて。

親に認められるために焦った結婚と
から回ってしまった努力、
残された、壱佳くんの大切な存在

壱佳くんを1番に大切に想い、
“幸せ”の先には必ず阿澄くんのことを思い出す。

そんな、成瀬さんの切実な心境が強く描かれた巻でした。

幸せを噛みしめるえちが、過去イチ切なえちぃ。

今更…とも思ってしまう、不器用な親心がどう変化するのか。
成瀬家とは対照的な阿澄家の温かい賑やかさが、これからも変わることがないのか。

正式な「家族」になるには、乗り越えなければならないこともあるだろうけど、、

下世話な他人の目線なんて気にならなくなるくらい堂々と、一緒に歩けるようになるといいな。

こたつプレイ描き下ろし、
壱佳くんは赤ちゃんでも当たり前に天使な特装版小冊子、
大事なのは中身です(キリッ)なアニメイト特典、、

全部がえちで幸せでした♡6巻も楽しみっ♡♡

とめ
・甘えん坊壱佳くんはどこまでも天使
・やっと伝えられた心の内
・もう、完全に家族なんだよなぁ

tnk修正:白抜き(紙)

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

コメント

📚電子書籍ストア📚



品揃え豊富✩先行配信多数


修正甘め♡先行配信多数


BLジャンルクーポン利用でPt30倍✩(毎週金・土・日曜日)


毎日クーポンガチャ✩最大50%オフ


クーポン配布頻度高✩


楽天ポイントが貯まる・使える✩


KADOKAWA運営✩


Yahoo!JAPAN提携✩

タイトルとURLをコピーしました