〚記事内に広告が含まれています〛

異世界チートで転移して、訳あり獣人と森暮らし/小中大豆・Ciel

BL小説感想作家名:(か行)
4.3

らすじ】

恋愛経験ゼロでエッチも未経験の陽色は、異世界へ召喚されるも異能力を持たず王宮を追い出されてしまう。実は最強チートを持つと気付くも、莫大な力を持て余し森で一人暮らしていた。ある日、怪我をした獣人族の兄弟を介抱し一緒に暮らすことに。エルの逞しさに胸がときめく陽色。気になるのは人恋しさのせいと言い訳するけど、「お前が可愛すぎて欲情する」と押し倒されて!? 弟に敬語を使う兄と、獣頭の聡明な弟。彼らには何か秘密がありそうで!? 美丈夫獣人と健気な青年の溺愛ラブ!

https://www.cmoa.jp/title/1101394530/

出版社:ジュリアンパブリッシング
掲載誌・レーベル:カクテルキス文庫
電子版発売日:2023年08月18日
紙の本の発売:2023年08月18日
購入:コミックシーモア


電子SS・イラスト有✿
無料試し読みはこちら↴


勝手に召喚されて、
無慈悲に放り出されて。
自棄になって、利用されて
逃げるように辿り着いた大森林の奥地。

誰も信用できず
自分すらも信用できずにいた、のに。
守りたい、大切な存在ができた。

『お前という存在に出会えたことが嬉しい。』

⋆元軍人獣人xチート転生者⋆
自らが選んでいく、「正義」の所在。


めっちゃ うらぎるチート ちから能力

直球過ぎる翻訳によりその“本質”を理解されず
追放された先で気付いたとんでもチート
だけど、「力」を持ったからこその葛藤や苦悩…平凡で善良だからこそ、臆病になってしまうその心に人間くさい切なさを感じられ。

悠々自適に、かつ孤独に。
異世界での日々を過ごしていた陽色くんの、訳あり獣人兄弟との出会いにより変化していく意識や自分の中にある葛藤との向き合い方踏み出す勇気に心がグワッと。

相談して、補って
「背負う」のではなく「協力」して。
守るだけでなく守られながら
苦難を乗り越えていく、
そんな関係がじんわり温かいです。

そして、ビーを守るため
心も身体も削ってきたエルと
人を信じられなかった陽色くんが
お互いの事情を話し合い、信じ合い、
想いを交わしていく過程が甘酸っぱい。

警戒心バリバリだったエルの
陽色くんに心を許してからの甘さがたまんないし
たくさん我慢してきたビーが
子供らしく無邪気に笑う姿はとっても可愛い!

3人家族の穏やかな日常、新たに始まる目まぐるしくも賑やかな日々がほっこり幸せですꕤ
あんなに生真面目な感じだったのに陽色くん限定で変態みを出してくるエルも大好き♡

更に巻末の番外編SSにて本編では割愛されていたハジメテが読めちゃうご褒美が♡
情事のシーンは残念ながらありませんでしたが、ハジメテのときの初々しい空気感が大好きなのでそこが読めただけでも大満足でした◎

ざまぁ展開はなかったけど
因果応報な結果はチラッと。

でも…陽色くんを召喚した国と帝国は別?
そこだけがハッキリしなかったから、今度またじっくり読み返さないとだわ。

とめ
・ひっそりチート
・「人に手を差し伸べることの難しさ」
・「自分」の正義

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

ンキング参加しています♬꙳♩*。
「読んだよ!」感覚でどちらかをポチッと応援して頂けると嬉しいです┏○))
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
なあをフォローする

コメント