小椋ムク

BL小説感想

ウサ耳オメガは素直になれない/海野幸・小椋ムク

【あらすじ】 ウサ耳オメガの理人は、幼い頃に耳の切除をして以来オメガ性を隠してきた。アパレル会社の広報として働き始め、圧倒的アルファの風格を放つ同僚のデザイナー・汐見に惹かれていたが、「一目惚れなんて信じない」と強がって素直になれない。一...
BL小説感想

狼頭の魔法使いと折れ耳の花嫁/成瀬かの・小椋ムク

【あらすじ】 魔法使いとヤると、魔力が高まる……!?剣と魔法の世界。異形の魔法使い、夜浪は森の中で愛らしい幼な子・淡雪を拾う。親探しの傍ら、あーんとごはんを食べさせたり抱き締めて眠ったり。「しゅきー」と甘えてくる幼な子の世話を焼い...
BL小説感想

てのなるほうへ/栗城偲・小椋ムク

【あらすじ】 それは昔々。他の妖怪たちに顔がないからと仲間はずれにされた寂しがりやの妖怪・のっぺらぼう。顔を狐面に隠し、ひとりぼっちで愛する誰かを待っている。そして二百年──。一般企業に勤める中途失明者の巽は職場で浮いた存在なのを...
タイトルとURLをコピーしました