〚記事内に広告が含まれています〛

背中を預けるには 外伝 この恋の涯てには/小綱実波・一夜人見

BL小説感想作家名:(か行)
5.0

らすじ】

生涯の主に仕えるため王都にやってきたヨセフ。亡き恋人へ変わらぬ愛を捧げる副将軍・ルーカス。そして剽軽な性格とは裏腹に、平民では異例の出世を遂げた将軍副官のディルク。
数奇な運命に引き寄せられ、男たちは王国を揺るがす事件に直面し、ヨセフは戦場でルーカスに恋をする。だが血統主義が蔓延る王宮で生きるためにルーカスとの養子縁組の話が持ち上がる。思慕を捨てられず葛藤する中、憧れの男であるルーカスに純潔であることを指摘され、ヨセフは動揺する。衝動的に夜の街へと繰り出すヨセフだったが、見たことのないほど激怒したディルクが現れ…?

https://www.cmoa.jp/title/1101302029/vol/5/

出版社:KADOKAWA
掲載誌・レーベル:ルビーコレクション
電子版発売日:2022年09月30日
紙の本の発売:2022年09月30日
購入:コミックシーモア


電子特別版・イラスト有✿
無料試し読みはこちら↴


『どうか、今夜だけ、俺に、お前を愛させてくれないか』
“愛する”ということを、優しく教えてくれた人。

『たとえこの夜だけでも、俺に愛させてくれ』
“愛を乞う”自分の気持ちを伝えたい人。

『俺、あんたの猫になりたい』
たくさん傷ついて精一杯ぶつかった、初めての恋。

⋆一途副将軍x世間知らず護衛x努力家将軍副官⋆
それぞれが一歩前に進む、恋の涯て


やっとここまで来ました…シリーズ最新刊。
諸々私のツボを突いてくるヨセフのことが最初から大好きだったのでその恋のお話が読めるってことで歓喜していましたが、最後までどうなるかがわからなかった初恋の涯て

この作品は絶対的にネタバレ厳禁だと思うし何を書いてもそれがネタバレにしかならなそうなので何も書けませんが(それでも感想は残したい)、キレイに、というかなるべくしてなった、というか。

世間知らず・常識知らずな猫ちゃんの真っ直ぐで純粋な想いに絆され、自らが選んだ「未来」を歩んでいくことを決めた男たちの愛がどこまでも尊いです。

本編“あのとき”のヨセフ視点も書かれていて
ヨセフの後悔・苦悩・葛藤がここで明らかに。

レオリーノとの主従兼幼馴染の関係性もすごく好きだし、電子特典SS「猫に金貨」ではヨセフに過保護な離宮の人たちにほっこり。何だかんだヨセフに甘いジルも好き。

今回は残党との戦いもあり、ヨセフの圧倒的な強さや察知能力に改めて感服だったので強力な後ろ盾を得て王宮最強になったヨセフのこれからがもっと読みたいっ

もちろんグラレオのお話でもマルテオのお話でも、何でももっと読みたい。ほんと何でもいい。みんな大好き!!!

シリーズ通して美しい表紙やイラストも眼福で、一気読みが楽しかったです~♡

とめ
・愛になる前の恋の終わり
・揺るぎない唯一無二の愛
・初めて望む自らの幸せ

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

ンキング参加しています♬꙳♩*。
「読んだよ!」感覚でどちらかをポチッと応援して頂けると嬉しいです┏○))
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
なあをフォローする

コメント