〚記事内に広告が含まれています〛

その世のどこか、蒼天のゆりかご/鯛野ニッケ

BL漫画感想作家名:(た行)
4.8

らすじ】

あなたを守るために育てたこの身体で、毎夜、あなたを殺す夢を見る――
大国ガルシェの第三王子・シンが生を受けて以来、常に側に在った忠実な従者・リアンドロスが姿を消した。足跡を追い、古い宗教建築が並ぶ辺境の小集落・バラコに辿り着くも、リアは「祈祷師」を名乗る胡散臭い男を頼りにしていた上、「私のことははじめから存在しなかったとお思いください」とシンを拒絶して…?
激しすぎる恋情を秘めた従者×奔放な王子、旅路の果てに見つけたふたりだけの愛の形は――。

https://www.cmoa.jp/title/268077/

出版社:ジュリアンパブリッシング
掲載誌・レーベル:arca comics
電子版発売日:2023年05月25日
紙の本の発売:2023年05月25日


電子限定ペーパー付✿
無料試し読みはこちら↴


記憶の中にはいつもリアンドロスがいる

生まれたときから傍にいた
「リアンドロス」という無二の存在。

『絶対に側を離れない』、そう言っていたのに。

代わりなんていない
手放すこともできない
だってその憎しみは
許されざる愛の証だから。

『お前の一生は俺のものだと自覚しろ』

⋆献身従者x奔放王子⋆
やっと気づけた「本当の愛」。それは、ずっと“そこ”に。


“その世のどこか”シリーズ3作目。
完結巻にしてようやっと…!
シンのお話がきましたっ✩

その世のどこか、常夜の楽園」にて匂わされていた空白の2年間が明らかに。

当たり前のように側にいて
離れる日が来るなんて、考えてもみなかったその存在。
リアンドロスが辞職した理由が狂おしく
その、向かった先にある“信仰”に込められた思いが狂気的で。

それでも、人が抱える痛みと弱さの逃げ場…
“心の拠り処”となるための思いはきっと
多くの人の救いになるんだろう、と素直に思える。

ただ、リアンドロスが許しを乞う相手は
“神”ではないはずだから。
本当の“望み”は、「死」なんかではないはずだから。

自らに及ぶかもしれない危険を顧みず
躊躇なく“治療”を施す献身さは、
何よりもシンを想っているから。

もしも、性別が違っていたのなら
禁忌でなければ、なんて。

だけど、それを乗り越えられる日がきっと来る。
そう思わせてくれるシンが好き。

描き下ろし「とあるメイドの日記」
主従の秘め事は遠目がいい(場合もある)♡

描き下ろし「シンからの手紙」
シリーズカプ勢揃い✩
おちゃらけているけど、実はとっても愛情深いのよね…♡

アニメイト小冊子「0 100リアンドロス」
従者の仮面被ったむっつり猛獣って最高じゃぁないか、、

アニメイト特典「story006.5」
ハジメテのお約束♡

初回特典ペーパー「常夜6話のつづき」
シンをタジタジにしちゃうリアンドロスの手腕つよい♡

とめ
・帰る場所
・「責務」と「権利」
・空の続く限り

tnk修正:トーンtnk(紙)

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

ンキング参加しています♬꙳♩*。
「読んだよ!」感覚でどちらかをポチッと応援して頂けると嬉しいです┏○))
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
なあをフォローする

コメント