〚記事内に広告が含まれています〛

レトリック/山田ノノノ

BL漫画感想作家名:(や行)
4.8

らすじ】

「お前がいるだけで、俺は強くあれる――。」Domとして、そして伊達グループの後継者として育てられた御門。だが中学生の時検査でSubと判明してしまう。ある日、病院で同級生の須藤と遭遇。苦しむ須藤を助けようとするが実は彼の性別は……!? 「愛」と「赦し」を知ったふたりのDom/Subユニバース!(※ディアプラス ・コミックス「「Collar me Dom/Subユニバース アンソロジー」収録「レトリック」を大幅修正加筆し「0話」として収録。)

https://www.cmoa.jp/title/269223/

出版社:新書館
掲載誌・レーベル:シェリプラス
電子版発売日:2023年06月01日
紙の本の発売:2023年06月01日


電子限定おまけ付き✿
無料試し読みはこちら↴

アニメイト【アニメイト特典付】
※特典には限りがあります。


『ゆるして…』

ずっと、ずっと。
「トップ企業の御曹司」として生まれ
「上に立つ者」として育てられてきた自分。

Subであることが許されなくて、
Domにならなくてはいけなくて。

だけど本当は。このままの“自分”を、。

『「ゆるす」よ 御門くん』

⋆気弱なDomx気高きSub⋆
“自分自身”が、望むことを。


人助けのつもりで
勝手なイメージによる勘違いで
受けた誘い。
そして、気付いてしまった自分の望み。

強要・羨望・妬み。
ただ「そこ」に生まれたというだけで向けられる様々な要望や感情に、御門くんの心はなくて。

“ありのまま”を否定され
必要のない罪悪感を感じ
自分ですら“自分”を受け入れられずにいる御門くんの心が苦しくて。

だけど、「歪んだ笑顔」なんかじゃなく
心からその身を案じる「必死な顔」が
御門くんを、迎えに来てくれたから。

何者でもない御門くん“自身”を
何よりも大切に愛してくれる、
須藤くんの全てに救われました。

何があっても腐ることなく、
自分の立場をしっかりと受け入れ前を向き続ける。
真っ直ぐな御門くんの強さと
積み重ねてきた“自分”への自信に感銘を。

『好き』を知ったことで心を取り戻したその瞳、その表情に号泣。

描き下ろし「non rhetoric」
首輪カラーをつけてのドロドロセックスがとんでもなくえっちだし、ラストの未来にまた感動。

アニメイト小冊子「大学生の2人」
従順な御門くん可愛すぎる…♡

おまけペーパー「バカップル誕生」
Cawaii

とめ
・「ただの薬」なんかじゃなく
・本当の望み
・“肯定”の歓び

tnk修正:白短冊(紙)

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

ンキング参加しています♬꙳♩*。
「読んだよ!」感覚でどちらかをポチッと応援して頂けると嬉しいです┏○))
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
なあをフォローする

コメント