作家名:(や行)

BL小説感想

半魔の竜騎士は、辺境伯に執着される 1~3/矢城慧兎・央川みはら

⋆溺愛辺境伯x半魔竜騎士⋆/ 不幸な生まれ、ではあったけど 温かい愛情を与えられ 兄弟みたいな存在ができて、 大切な人もいる。 一度は手放してしまった愛を もう、手放すことはできないから。 『決してあなたと離れずに、一緒にいる』
BL小説感想

狐の巣ごもり -眷愛隷属- 8/夜光花・笠井あゆみ

【あらすじ】 魔を祓う力を持つ討魔師の慶次と恋人の有生は、ようやく同棲することに。久しぶりに一緒に仕事も行い、喜ぶ有生。四六時中一緒にいるせいか、いちゃいちゃラブラブすることも多いが、ケンカも絶えなくて…!! その上、有生が同居ルールに「他...
BL小説感想

はなれがたいけもの 4~7/八十庭たづ・佐々木久美子

【あらすじ】 「俺をこんなに幸せにしたのもアンタだし、いまの俺を作っているのもアンタだ、ユドハ」孤独な傭兵だったディリヤと、金狼族の王代ユドハ。より深く想いを交わらせるふたりと、愛する息子アシュたち。旅先で同じアスリフ族のイェヒテと再会した...
BL小説感想

始祖の血族/夜光花・奈良千春

【あらすじ】 ノアが大好きだけど、闇の血族としての彼の本能を疎ましく思ってしまうマホロ。アルフレッド陛下からマホロを守るため、ナターシャ王女殿下と婚約したノア。惹かれ合いながらも、ふたりは身動きできなくなっていた。そんななか、反乱者たちは不...
BL小説感想

永遠の二人は運命を番う/夢乃咲実・サマミヤアカザ

【あらすじ】 草原の民のユルーは、幼いころから共に過ごし特別な絆で結ばれた相手ドラーンと大切な仕事を任されていた。馬の気持ちがわかるユルーと、冷静に馬を見抜く力を持つドラーンが一緒であれば、難しいとされる調教もうまくいくのだ。そんなある日、...
BL小説感想

兇王の血族・呪縛の血族/夜光花・奈良千春

【あらすじ】 お前は俺のものだ 誰にも渡さない 女王陛下の死と新国王の戴冠式を終え、光魔法の子であるマホロは無事二年に進級した。四年になったノアは恋人のマホロを守るため、軍の実習先として魔法団を選び、クリムゾン島に残った。敵であるジークフリ...
BL小説感想

狐の弱みは俺でした -眷愛隷属- 7/夜光花・笠井あゆみ

【あらすじ】 魔を祓う力を持つ討魔師となった慶次は、恋人兼相棒の有生とバディを解消し、別々の相手と組んで仕事をする日々。だが2人の交際は順調で、人目を憚らずキスされたりとラブラブだけど、未だに慶次の家族の反対で同棲できない。ある日、慶次が憧...
BL小説感想

恋人たちは草原を駆ける夢をみる/夢乃咲実・サマミヤアカザ

【あらすじ】 馬に乗れない者は一人前の男として扱われない草原の民でありながら、幼いころの出来事が原因で馬に乗ることができないハワル。そんなハワルをなにかと気にかけてくれる、亡き兄の恋人だった男・オーリにハワルは淡い想いを抱いていた。ある日、...
BL小説感想

草原の王は花嫁を征服する/夢乃咲実・サマミヤアカザ

【あらすじ】 草原の民の族長の息子・セルーンは、幼い頃にある「約束」をした相手と再会する。なぜか10年以上も忘れられなかった相手、ソリル――。再会した彼は「王」と呼ばれ、セルーンのことは全く覚えていないが、人質としてソリルに差し出されたセル...
BL小説感想

推しはα3 終わりよければ、すべて良し/夜光花・みずかねりょう

あらすじ 閻魔大王の力で記憶喪失になってしまった、佑真と蓮。最推しイケメンαの蓮と結婚していることをすっかり忘れ、かくりよで閻魔大王の料理人として自称ド平凡な人生をエンジョイ中の佑真と、七星荘で仕事を続ける蓮。全く進展しない二人に、さすがの...