〚記事内に広告が含まれています〛

交渉人シリーズ【7+1冊】/榎田尤利・奈良千春

BL小説感想作家名:(あ行)
5.0

らすじ】

「あんたは……俺のオンナにふさわしい」
元検事で元弁護士、そのうえ美貌と才能まで持ち合わせた男、芽吹章は、暴力・脅迫・強制、このみっつが反吐が出るほど大嫌いだ。弱き立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人として、「芽吹ネゴオフィス」を経営している。そんなある日、芽吹の前にひとりの男が現れた。しかもヤクザになって!! 兵頭寿悦……できることなら、二度と会いたくない男だった……!

https://www.cmoa.jp/title/1101006814/

出版社:大洋図書
掲載誌・レーベル:HY NOVELS
電子版発売日:2012年06月01日
紙の本の発売:2007年02月23日
※1巻
購入:コミックシーモア


電子イラスト付✿
無料試し読みはこちら↴

交渉人は黙らない【イラスト付】

交渉人は黙らない【イラスト付】


『ーーあんたを、俺のものにする』

蘇る、“あの日”の記憶。
壊れかけの心を全壊させた、
二度と会いたくなかった後輩との再会。

『どんなあんただって、手放す気はねえ』

拒絶して、拒みきれなくて
何度も救われ、強く求められて。

『俺は先輩だけの男です……
 たとえなにがあろうと、絶対に』

失うことができなくなった、特別なオトコ。

おまえが愛しすぎて苦しいよ、兵頭

⋆執着極道x不幸体質な交渉人⋆
永遠ではない人生を、共に。


やっと読めました~✩ずっと気になっていた交渉人シリーズ!!!!

榎田先生はnez[ネ]が初読みだったんですがこれがまた最高に面白くて大好きで。

だけど何たってこちら長編シリーズなのでね、なかなか気軽には手を出せず;
FFさんが感想ツイしているのを見てそこに便乗する感じでちまちまクーポン使って買い集め、やっと一気読みを。

最初こそ、横暴だし乱暴だし…あれ、私の苦手なタイプの極道かな?なんて思ったりもしましたが。
自分とこの事務所に芽吹さんの引き延ばした(A4)写真(隠し撮り)貼って舎弟たちに「大事な人」だって周知させる若頭を好きにならないわけがない

極道と交渉人、時にはぶつかってしまい敵対しながらも確実に詰められていく距離が、強引かつ愛が重たくって大好き。
何だかんだ言いながら芽吹さんにベタ惚れなのがすっごく可愛かった♡

そして、そんな愛され芽吹さん。
一見はおちゃらけてるお人好しな交渉人だけど
実は元検事・元弁護士の経歴を持つすごい人。
ただ、“不幸体質”なんて言葉じゃ片付けられないくらいその過去は壮絶で。

母を亡くし父を亡くし、親友を亡くし。
その家庭環境や経緯が辛く残酷な上に
交渉人を始めてからもまた、過酷だらけ。
大怪我して拉致され監禁され犯されかけ死にかけて。
散々な目に合っても、他人を“信じる”ことをやめない心の内は決して「お人好し」なだけではなかったけど。

“信じたい”気持ちの奥にある苦しみ
漠然とした“死”への意識が
どす黒い闇に覆われていて、それでも。
それを凌駕する存在との出会いが、あったから。

兵頭さんとの出会いと再会、
兵頭さんの執着が割った、芽吹さんの“殻”。

自分の心臓の音を感じることができたのも
“死”への新たな扉に気付かせてくれたのも
苦しいほどの愛しさを感じたのも、1人だけ。

偶然と執着が築き上げた
甘やかなだけじゃない無二の関係に、胸がいっぱいです。

2人を囲むチーム芽吹
兵頭さんを慕い芽吹さんに懐く
周防興産の面々との戯れが賑やかで
命懸けの依頼の合間にあるやり取りにはついニヤニヤっと。

ストーリーにしっかり緩急があるので
長編でも一切飽きることなく、楽しく読むことができました♩

序盤に出てくる人たちが後々いろんな形で絡んでくるのがまた楽しい◎

からの、スピンオフ。

本編中、ひっそりと距離を縮めていた
⋆長身寡黙な特殊掃除屋x生意気狂犬チワワDK⋆
な2人のお話。
キヨのわかりやすい一目惚れとトモくんへの愛で方がすっごく好きだったから、スピンオフとして1冊で読めて嬉しかった~♡

あんなに生意気だったトモくんが
チーム芽吹に入ってキヨに愛されて。
誰かのために一生懸命動いて頭を下げるなんて…
その心の成長に、すごく感慨深い気持ちに。

体格差+寡黙+溺愛+ツンデレとかほんと全部好き♡♡

読み終えてしまうことが惜しく感じるくらい、本っ当に楽しかった!!!!
改めて、オススメ感謝です♡

とめ
・三度目の執着
・4・5巻ガチしんどい
・チーム伊吹の絆

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥

ンキング参加しています♬꙳♩*。
「読んだよ!」感覚でどちらかをポチッと応援して頂けると嬉しいです┏○))
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
なあをフォローする

コメント